これから施術を受けるなら

女性

最低限知っておくこと

自分の顔を見た時に、エラが気になる人も少ないでしょう。その際には切ったり縫ったりといった整形を避けたいなら、筋肉を弱める効果があるボトックスという薬剤を使ってみると良いです。実はエラは噛み締めることによって、どんどん凝り固まっていきます。特に意識していなくても、歯ぎしりをしているならエラが張って、顔が大きく見えてしまうのです。そのような時に打つと良いのがボトックス注射で、筋肉の動きを抑制することができます。すると徐々にエラが小さくなっていき、結果的に小顔に見えるというわけです。一応は美容整形なのですが、先述したように皮膚をメスで切開するようなことはしません。ほとんどの場合はエラに何度か注射針を刺して、ボトックスを注入するだけです。痛いのが嫌いなのであれば、麻酔をしてもらうことも可能です。施術の後は針を刺した跡が残りますし、人によっては赤みや内出血が起こることがありますが、ほとんどは数日経てば消えて見えなくなります。早い人だと数週間ほどで違いがわかるようになってきます。そして多くの場合は二、三カ月もすれば顔が小さくなったと自覚できます。ただし効果が持続するのは半年くらいなので、定期的にボトックス注射を打っておく必要があるのです。ボトックス注射を打つと決めたら、専門のクリニックに行くことになりますが、たいていのところではいきなり施術はしません。まずはカウンセリングを受けることになるのですが、先生がエラの状態を見ますし、ボトックス注射の効果や副作用の説明を受けることになります。もちろんこの段階で疑問や気づいたことがあれば聞いても構わないです。加えて費用に関しても教えてもらっておくと良いでしょう。そしてこのカウンセリングは無料で受けられる場合が多いので、時間の許す限りクリニックをまわっておきたいです。多くの先生の意見を聞いておけば、それだけエラのどの部分にボトックスを注入すれば効果的なのか、または適切な量などがわかってくるからです。いくつかのクリニックに行って、信頼できる先生が見つかったのなら、正式に申し込みます。問診をしてくれるため、アレルギーがあるなら正直に答えておくと、余計なトラブルは避けられます。問題がなければいよいよ施術を受けることになりますが、順調にいけば左右のエラにボトックス注射を何本が打つだけなので数分で終わります。その後、異常がなければ患部をマッサージしないようになどの注意点を聞いて、お金を払って帰宅という流れになります。

Copyright© 2018 ボトックスでエラ悩みを改善しよう【日帰りで施術を受けられる】 All Rights Reserved.